なぜ、ETCだったのか

ETCカード活用術!

SiteMenu

MailForm

お名前

本文

すでに多くの方が利用されているETCカード、ETCはなぜ作られたのでしょう。

なぜ、ETCだったのか

道路が各地で整備され流通も素晴らしく良くなった日本ですが、渋滞の問題だけは解決せず、一般道も高速道路も場所、季節によって大渋滞する事があります。

ただ、高速道路は以前よりも渋滞問題が解決してきています。

それは、ETCカードが利用されるようになり、料金所でストップしお金を払うという事が無くなったからです。

なぜ高速道路などの有料道路が渋滞を起こすのか、基本的に道路が広くなり車線が多くなれば流れる車の量が多くなるのだから、渋滞は緩和されるはずと、国内では道路の拡張工事が多数行われてきました。

でも決してそれだけでは解消しない、道路を作って、又渋滞が起こり、さらに道路を増やしてまた渋滞が起こり・・という繰り返しをしているうちに、こんな対応ではなく、他に何らかの対策をたてなければダメだ、という事に気が付きました。

渋滞の緩和に何が必要なのか。

そこで考えられたプロジェクトがETCです。

当初ETCカードシステムができたとき、利用者は有料道路について大きな割引があったため、一気にETCカードの作成、車載器の導入が進みました。

高速道路を利用する頻度が高い人たちはETCカードの利便性を高く評価し、一時期は車載器が店頭からなくなり、順番待ちとなるほどでした。

現在はすでに多くの方がETCカードを利用し、便利なカーライフを送られています。

ETCカードが生まれたことで有料道を利用し、里帰り、旅行などに行く方々も多くなり、車を有効活用するご家族が非常に多くなりました。