ETCカードと車載器の再セットアップ

ETCカード活用術!

SiteMenu

MailForm

お名前

本文

車の買い替え、車両情報の大きな変更に伴ってETCカードと車載器の再セットアップが必要になるケースも

ETCカードと車載器の再セットアップ

ETCカードを使っていたマイカー。

車載器をつんだままで売却する時には、どんな手続きが必要になるのでしょうか。

車載器側はセットアップは済んでいますが、個人情報自体は登録されていないので、特別な手続きは不要です。

登録されているのはその車の車体情報。

車に車載器が詰んだ状態で売却しても問題はないのです。

住所や氏名は登録されていません。

人に譲る時や売却してしまう時には、車載器管理番号を相手に伝えます。

その人が自分のETCカードと車載器管理番号とを紐付けするのに必要になります。

手放した側としては、ETCマイレージ登録をしている人は、マイレージサービスの方の登録を変更します。

新しい車に買い替えたら、新しい車の方の車載器に自分のETCカードをさします。

一方車ではなく二輪車の場合には、車載器の登録解除手続きが必要になります。

二輪車ETC登録事務局へ手続きを取ります。

古い車の車載器を新しい車に付け替える場合には、新しく車両情報をセットアップしなおす必要があります。

車載器の取り付けとセットアップを一緒にしてくれるところを探して、お願いすると楽です。

車載器は車両情報をセットアップしないと使えないので、必ずセットアップ店にお願いします。

セットアップが済まないと利用照会やマイレージなどのサービスが利用できないし、古い車両と新しい車両が違うことで問題が出てきます。

引越で車のナンバープレートが変わった時も、再セットアップが必要です。